最新Status

H30年3月1日    Table Saw購入

  本格的に木工DIYをしようと思って、テーブルソー(STaXTOOL テーブルソー”MEMPHIS”)を購入しました。

 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ptools/655st.html

 

 切り口は、思った程、綺麗ではありませんが、広い面積を切れるので、重宝です。

H29年2月4日 MonsterBall

今回は、MonsterBallを3D-Printerで作成し、色付けをしました。

 折角なので、いつも持ち歩けるKeyHolderの形で4種類のBallを作りました。・Monsterball, ・HyperBall, ・SuperBall, ・MasterBall

ABS材に色付けをするため、下塗りは、ナイロン・PP用プライマー(タミヤ製)を塗り、その後、アクリル絵の具で着色しました。光沢が出て、綺麗な発色になります。(尚、もちろん、販売する等はしていません。)

H29年1月18日 3D-Printer購入

 8万円と非常に廉価になったので、MakerBot Recreatorのコンパチ品(中国製:QiDI Tech社)の3DPrinterを購入しました。

 

 データ設計ソフト:AutoDesk Fusion360

 Print用ソフト:  MakerBot DeskTop

 

両方とも、フリーソフトです。データ設計ソフトで、作りたい部品を設計し、.stlフォーマットのファイルを作ります。MakerBot Desktopで.sltを読込、Print用の形式.x3gファイルを作成します。それをSDカードに書込み、オフラインでプリントします。

 

 世の中には、3D-Printer用のデータが、落ちています。 下記写真の駒とクリスマスツリーは、ダウンロードした物です。 Tablet用Holderは、自作データです。

 

H28年1月23日 DX妖怪ウォッチ零式

 また、孫に頼まれて妖怪ウォッチを作成しました。

 妖怪ウォッチは、3種類ある様です。

 1)DX妖怪ウォッチ         2014年1月11日発売

 2)DX妖怪ウォッチ零式       2014年8月 2日発売

 3)DX妖怪ウォッチU プロトタイプ 2015年8月 1日発売

http://topicks.jp/36483

 

 今回、零式の特徴であるベゼルを動かせる様にしました。

 百円ショップで、5部品を使って、作りました。

 1)デジタル腕時計(本当は、ブルーが欲しかったのですが、白しかありませんでした)

 2)自転車ベル

 3)LEDライト(スタンドタイプ)、4)LEDライト(丸形据置タイプ)

 5)朱肉(透明な丸ケース)

 

作り方

 1)妖怪ウォッチ(43mm x 3mm)が出し入れできるように50mmサイズの円形の部品を

   百円ショップで探す。

 2)自転車ベルを分解して、ベースとし、電池、LED、スイッチを組み込む。

 3)ベースに時計を組み込む

 4)べセル、メダルの出し入れ用部品を作る。

  このとき、便利なのは、接着用のグルーガンです。

  例えば、レバー部分は、このグルーで任意の形を作りました。

 5)色付けは、Printerで、カラー印刷した紙に透明テープを貼る事で、

   ビニールシートを作成し、それを部品に張り付けました。

 6)部品の組み立ては、グルーガンで接着。

 

 

H27年9月8日 電子錠の設置

 玄関の鍵を電子錠(ed Lock, アルファ㈱)に変更しました。

 簡単に交換できるかと思ったのですが、ヤマハの鍵は、元々どこのメーカ(MIWA,Gold,Alpha)のどのモデルかわからずちょっと、設置に時間が掛ってしまいました。

 トータル4万2千円ぐらいかかりました。

 ・電子錠 ed Lock アルファ㈱ ¥28,800

 ・鍵ケース LE-01 LV MIWA  ¥7,200

 ・レバー 35型 MIWA      \5,275

 ・サムターン MIWA           ¥1,500

   合計          ¥42,775

 

 

YAMAHAの外側のカバーを生かそうとして苦労しました。

1)内側のYAMAHAケースと外側のed Lock本体を固定するために組ネジが標準の位置で

  使用できなかった。→M4メネジのTapを切って支柱を立てた。

2)ケースLE-01に合うサムターンに変更。

3)YAMAHAの外側カバーとケースLE-01、サムターンが合わなかったので

  →サムターンがケースLE-01 に合わなかった為、ディスクサンダーで

   YAMAHAの外形カバーを三つに切り、ねじ止め出来る様にネジ穴を開けた。

   相当、汚くなってしまった。(内側なので我慢。)

4)YAMAHAの既存レバーだと45度すれているので、新しいMIWAのレバーを購入して設置。

つまり、ヤマハの鍵をすべて、MIWAの錠前に変更(4.3万円掛ってしまった。)

H27年3月23日 PC制御AC電源Box作成

 PC等、USBを持つCPUでAC電源のOn/Offができる電源ボックスを作成しました。

 費用は、約12,000円程度。

 ・SSRリレー(オムロン、600円)

 ・USB I/Oボード(エレファイン社製、7,500円)、

  8Chオープンドレイン出力

 ・Box(LED、1,500円)

 ・コンセント、コード等もろもろ((2,000円?)

 ※注意点としては、軽い負荷だと、SSRは、リセットされないので、電源OFFにならない場合がある。


H27年2~3月 DIY作業場作成の準備(その1:仮物置作成)

 裏の物置の場所にDIYができる作業場を作ろうと構想中。

 その準備として、物置の場所の整地をしなければ、ならなかった。

 他に空いている場所が無い為、物置の荷物を置く為の仮置き場を

 前庭のコンクリ―たたきに2x4で作成した。 

  費用は、20,000円(屋根は、使い回し)、期間は、3日。

H27年2~3月 DIY作業場作成の準備(その2:物置取壊)

H27年2~3月 DIY作業場作成の準備(その3:薪置き場作成)

 暖炉用の薪置き場(3mx 50cm)を塀際に作成した。

長い木材の置き場も欲しかったので、天井近くに梁をつけて置ける様にした。

費用は、9,000円、期間は、2日。

H26年8月31日 妖怪ウォッチ 制作

 孫に頼まれて、妖怪ウォッチを作ってあげることにした。 いつもの様にWebでいろんな自作妖怪ウォッチを検索してみた。 (段ボール製の超精密なものや百円ショップの材料で作るもの等々)。 

 

結局、百円ショップ材料で作ることにした。出来上がり写真を見ると結構、まともに作れたと思う。

LEDライトも正面から光るように設置。

 

驚いたのは、LEDライトや時計は、ボタン電池まで入って、100円!?!。 

 使った材料は、

1)LEDライト、2)時計、3)自転車のベル(Φ51mm)、4)朱肉(Φ50mm)、5)湿度計(Φ50mm) 6)LED用小型スイッチ(これだけは、Web購入) 合計572円

 

 作り方は、別途 時間があるときにUpします。

H26年7月 屋根裏換気ファン 設置

 二階の部屋が異常に暑いので、屋根裏換気ファンを設置する事にしました。 決断したのは6月ですが、結局 完成するまでに2か月も掛ってしまった。 もし、自分でやってみようと思う人は、冬から春が絶対お勧め。(夏の設置は、熱中症に要必要です。!!)

 

 因みに、下記URLも参考にしました。

 屋根裏換気装置の設置工事

 

 また、今後の追加・改良等も考えて、ほかの部品が豊富なパナソニックの屋根裏換気ファンを選択しました。費用は、トータルで8万円程度。

 

 それで、結局、結果はどうなったかと言うと、

 1階の部屋と同じぐらいの温度になりました。つまり、外気温とほぼ同じになりました。(僕的には、成功と思っています。)

 

この後の空冷方法は、日蔭等の冷たい空気を如何に家の中に引き込むかですが、これは、結構、工夫が必要で、別途検討が必要です。

H26年5月4日(日): 晴れ 太陽光発電用換気扇

パワーコンと換気扇
パワーコンと換気扇

 4月17日に全量買い取り制の太陽光発電(10kW)の運転を開始しました。

その際、パワーコンバータ2台をトイレ内に設置しました。 

あいにく、トイレに換気扇が無かったので、温度が上がり過ぎ、自制運転が発生してしまいました。

 

  そこで、Panasonicのパイプファン(FY-08PD8)をDIYにて追加しました。

100Vのコンセント等もなかった為、コンセントとパイロットスイッチも追加しました。

H24年6月30日(土):曇り 雨水マス 作成

 一年ぶりに DIY再開。  今回は、「雨水マス」に挑戦。

まず、Webでいろいろ 事前調査。 その結果、

 1)最初のフィルターが重要。

 2)なぜか、どの雨水マスも 地面に設置している。

   せっかくなら、位置エネルギーを利用できる様に
   二階のバルコニーにおけば、散水も水圧でまき易いと考えた。

 

<<設計構想>>

 1)フィルターは、φ60mmの縦樋にφ75mmの塩ビ管を取り付け上澄みを

   収納ボックス(100~200L)に溜る。

 2)収納ボックスは、2階のべランダに設置し、ホースで1階に下す。

 3)設置後も定期的に掃除が出来る様、設置の容易さと分解ができる構造とする。

 

<<金額>>

 1)塩ビφ75mm x 900mm     1000円

 2)φ75mm蓋 x 2         400円

 3)縦樋 自在繋ぎ       300円

 4)縦樋 φ60mm x 900mm    800円

 5)φ13mm 管繋ぎ部品     500円

 6)収納ボックス(100L)  2000円

 7)ホース(内径φ32) x 2m   1400円

 8)ホース(内径φ15) x 10m   800円

 9)止栓            1100円

合計               8300円

雨水マス 設計構想
雨水マス 設計構想

H23年7月22日(金):晴れ エコミスト設置

 久しぶりに DIYを行った。

 

 探していたエコミスト(気化熱を利用した霧発生ノズル)をWebで探し当てたので、

それを購入した。

 家庭用エコミストキット: ノズル4個で、約7000円、 追加ノズル: 1500円。

 

まず、試しにリビングの窓に設定してみた。

 

今日は、台風通過の影響で寒いくらいだったので、明日からの温度上昇でどの程度効果があるか確認してみたい。

H23年4月24日(日):晴れ スライド丸のこ購入

 久々に、Webを更新します。

 

  16日購入した「スライド式丸のこ」が届いた。 試しに20ミリ厚、170mmの杉板を切ってみたが、

  直角も45度も奇麗にスパッと 切れる。 これで、また 相当遊べそうだ。

 

  丸のこと一緒にコンクリ壁に穴をあける為の振動ドリルも購入した。

  7000円弱と安い物なので、3mm程度のビス穴用に使う積りである。

  この2種の工具で、一応 欲しいものはほぼ揃った。 後は、縦引き用の丸のこと台位です。

H23年2月19日(日):曇り 室内改善(壁面収納)

 塗装DIYが終了したので、仕事に励もうと思っていたが、息子が手伝ってくれるということで、ダイニングの本棚を以前購入してあったIKEAの壁面収納に変更した。

 思ったよりも大きく黒目の茶色で、作業も引き出しや扉等あり丸々一日掛ってしまった。